入れ歯治療をお考えの方へ

入れ歯が合っていないのでは……?
入れ歯がずれて痛い……
入れ歯の見た目が気になる……

このようなお悩みはありませんか? 近年は使い心地や見た目が気になる方のために、ずれることのない入れ歯や目立たず自然に見える入れ歯が登場しています。入れ歯だからとあきらめないでください。調整や交換を行うことで快適な使い心地や見た目は実現できます。

当院では、患者さん一人ひとりの入れ歯に関するお悩みやご要望にしっかりと向き合い、それらを解決に導く入れ歯をお作りしております。現在お使いの入れ歯に少しでも不満がある方、快適な咬み心地、見た目のよい入れ歯をお求めの方は、どうぞ当院までご相談ください。

保険入れ歯と自費入れ歯の違い

  保険の入れ歯

保険の入れ歯

自費の入れ歯

自費の入れ歯

素材 プラスチックのみ 金属など、自由に選択可能
設計 保険の枠内の技術のみ適用 最先端の技術を適用して型どりや設計ができる
審美性 入れ歯だとわかりやすい 自然な見た目を実現
強度 折れたり割れたりしやすく、時間の経過とともにもろくなることがある 丈夫で割れにくく、落とすなどのアクシデントがあっても壊れにくく長持ちする
装着感
  • 厚みがあるため違和感を覚えやすく、食事の温度や味覚が感じにくい
  • 部分入れ歯の場合、がたつきやすく、残った歯への負担が大きい
  • 薄く作れるために口腔内が広く感じ、違和感を覚えにくく、温度や味覚が伝わりやすい
  • 部分入れ歯の場合、がたつきにくく、残った歯への負担が小さい
衛生面
  • プラスチックに臭いや水分が浸み込みやすく、それが細菌の発生を促し口臭の原因となりやすい
  • 汚れが溜まりやすく、清掃がしにくい
  • 臭いや水分が浸み込みにくい
  • 清掃が簡単なので清潔性を保ちやすい

当院のおすすめ取り扱い入れ歯「バルプラスト」紹介

入れ歯の見た目を気にされている方におすすめしたいのが、「バルプラスト」です。バルプラストは、通常の入れ歯の場合に歯の表面に見える金属のバネがないために、見た目で入れ歯とわかりにくいのが特徴です。

また、精度が高く義歯床の厚さが薄いため違和感を覚えにくいこと、半透明の素材を用いているために天然歯との境界がわかりにくいこと、アレルギーの心配がなく安心してお使いいただけることなどのメリットがあり、おすすめです。

治療後も定期的にメインテナンスを行いましょう

当院では、患者さん一人ひとりにぴったりな入れ歯をご提供しています。しかし、加齢のために歯ぐきがやせていくと、最初はぴったりだった入れ歯も徐々に合わなくなってきます。入れ歯にもメインテナンスとこまめな調整が必要ですので、装着感に変化を感じられたときには、ぜひご相談にお越しください。

  • ページの先頭へ戻る